プロフィール

totipu

Author:totipu
47歳 妻子あり(子・高校生2人)の4人家族のサラリーマン。資産もそこそこでき、教育費にも目途がつきそうなので理想のセミリタイアを模索中。
2020年東京オリンピックをじっくり観戦したい。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

フリーエリア

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

保有株と仮想通貨は大幅下落からのリバウンド

仮想通貨の評価額、先週530万円まで下落したが、

今週はそのリバウンドで650万円。


周囲の人に仮想通貨投資していることを話している

ので『どうなった?どうなった?』と自分で投資し

ているわけでもないのに興味深々らしく、顔をみれ

ば状況を聞かれる。『自分も投資すればいいのに…』

と思う。


保有REITと株も暴落からのリバウンドで先週比

+100万円。ざっくり言うと、


ピーク3700万円 → 暴落3500万円 → 現在3600万円


REIT以外で唯一保有している株は、仮想通貨事業

の会社 リミックスポイント。


2/13に予想通りの好決算で株価は上昇したが、それ

以上の期待もあったので、心境は複雑。


まあ、コインチェックの賠償額を見ても、仮想通貨事

業者の収支はまだまだ上昇の余地がありそうだ。


利確せず、このまま保有継続。



スポンサーサイト

2018年1月家計簿

年明け仮想通貨と株価の暴落があり、家計簿を〆る気にも

ならなかったが、確定申告も近づいてきたので仕方なく家計簿

を締めた。


(収入)

今月は証券口座にスターツプロシードからの

分配金が11万円ほどあった。


(支出)

臨時支出は、ゴルフ17,290円、炊飯器18,000円、

人間ドックオプション4,320円、出身校部活のOB会費5,000円

はその他に計上。


1月の収支は…

 1月
給料614,414
副業96,000
不動産収入767,000
分配金他132,767
収入計1,610,181
  
生活費120,000
小遣い50,000
水光熱30,450
通信情報41,156
教育費関連65,650
外食8,910
アパート経費3,652
アパートローン468,735
その他60,583
支出計849,136
  
収支(貯金)761,045


アパートローンの元金減少分も入れると約100万円

ほどの資産増。不動産投資のインカムゲインは金額

は大きくないがコンスタントに安定して継続する点

だ。


3月の空室予定が2部屋あるので繁忙期の3月で埋ま

るかが、月10万円の分かれ道。


退去→即リフォーム→募集→契約をスムーズにこな

せるよう段取りは綿密にしよう。























株と仮想通貨のダブルパンチで△250万円

1月の順調な資産運用も、この暴落相場で先週比では、


仮想通貨は△40万円

株(REIT)は△210万円


合計で△250万円。(年始比だと△150万円)


好調だった含み益を吐き出す残念な結果となったが、

株(REIT)は中長期の分配金狙いなので、押し目

買いの好機到来ということでサムティと日本リートを

500万円分購入。 


これで年間分配金189万円を想定。


セミリタイア後の収入源として200万円は確保したいと

思っているので目標まであと少し。





ギャー!仮想通貨暴落!ナンピン買い失敗。

【仮想通貨】

 評価額 先々週700万円

       ↓

     先週660万円

       ↓

     今週600万円


年始は660万円だったので年始比だと△60万円だが、

1月のピークは900万円超えもあったので、ピーク時

からは△300万円!

暴騰もあったので暴落もしかたないか…


しかし、完全に金銭感覚がマヒしてる。



アパート大家の恐怖!退去連絡。&不動産投資雑感。

快晴で爽快な休日の朝の気分を一転させる1本の電話が…


アパート1号の1部屋退去連絡。

入居者は大学4年生で卒業&就職なので想定はしていたが、

改めて現実になると少しショック。


幸い、3月上旬の退去なので、入居ラッシュの繁忙期には

間に合いそうだ。


これで今シーズンの退去は16戸中5戸。

ワンルームは利回り高いが、出入りが激しい。


退去が出るとクリーニングやらリフォームやらで出費もかさむ。


様々な手間と出費はあるが、現物アパート投資は不動産を担保に

借入でレバが効くので、出資に対してのリターンは高い。


不動産投資を検討している方も多いと思うので自分のケースで

アパート投資と保有REITの比較をしてみた。


【REITの場合】

 出資2,000万円 × 分配金5% - 税金 = 80万円/年


【現物不動産の場合】

 出資2,000万円、借入11,000万円、諸費用、手間ひま、返済等

 年間手残り 380万円 + 元金減少分400万円

 経年による資産価値減少分を考慮しても、500万円/年。


サラリーマンとして取れるリスク上限から、これ以上のレバレッジ

は想定していないが、出資額が同じ2,000万円で、年間リターンが

80万円と500万円だったら、リスクを取るのも悪くない。


現物不動産投資は昨今、ネガティブなニュースが多く、中長期的な

展望は不明瞭な部分も多いが、実際に出資できる額と期待したいリ

ターンを考えれば、投資の選択肢としては検討に値する。


経済的な効果はもちろんだが、サラリーマンとして『いつクビにな

っても食っていける』という精神的な安定感の付加価値も高いと思う。





 





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ